リウマチの検査は、主に、血液検査、尿検査、関節液の検査、X線検査などで、?ある項目に亘って数値や状態を調べなければなりません。 特に初期のうちは診断が難しいので、1回の検査では結果が出ないことも多く、検査を繰り返すケースもあります。 また、検査の結果を見ながら、患者さんの状態や病状の変化に合わせて治療方針を変えていかなければならありませんから、治療中にも何度も検査を繰り返す必要があります。 薬の副作用(効果が強けれね強いほど、ある程度の覚悟が必要となります)により、肝機能や腎機能に影響が出ていないかどうかなども、検査の項目に加えてられていくはずです。 血液検査では、血沈、CRP、リウマトイド因子の他、白血球数やヘモグロビン(ヘム間相互作用によって、酸素の運搬効率を高めているのだとか)などと言った数値を調べます。 尿検査(生理中は潜血が混ざってしまうので、避けた方が無難です)では、薬の副作用や合併症がないかがわかるでしょう。 関節液の検査では、関節液(関節軟骨に栄養などを供給する役割も持っています)を抜いて、リウマトイド因子の有無や炎症のあるなしを調べ、X線検査で関節の骨の状態を調べるのです。 そして、これらの検査に併せて、自覚症状やリウマチの診断基準を元に診断が下されます。 初期の段階で治療を実現するために、診察は早めに受けることが大切ですー